アレルギーの原因となるハウスダスト・ダニをキャッチして100%退治できるふとんクリーナー

ふとんの花粉症対策、できていますか?

花粉症に悩む人は、それぞれに様々な対策を行っていると思います。
中でも毎日睡眠をとる大切な場所、ふとんの対策はちゃんとできていますか?

花粉症時期は眠れない人が多い

花粉症の症状で一番つらいのは鼻づまり。
就寝時や睡眠中が最もつらい、と感じる人が多いようです。
鼻づまりで「寝たいのに寝られない」「ぐっすり眠れない」ということです。
花粉症の9割近くの人が、花粉症時期は、寝付きが悪くなる、眠りが浅くなる、と感じているというデータもあります。
花粉症による「睡眠障害」に陥っている人は意外に多くいるのかも知れません。
 
花粉症の時期は、慢性的な睡眠不足になってしまうのですから、仕事や日常生活で事故を起こすなどの危険性が高まります。女性の場合は、メンタル面や美容への影響も少なくありません。
 
ぐっすり眠るための花粉症対策が重要です。

実は、都市部で多く飛散するスギ花粉

花粉症の症状は、スギの植林地域から離れた都市部の方がひどいと言われています。
理由は、スギ花粉が風に乗って100キロメートル以上飛ばされるから…だけではありません。
 
花粉は、土の上に落ちると、湿気を吸って、土に吸収されます。
しかし、都市部の地面はコンクリートやアスファルトです。
土に吸収されることなく、風で巻き上げられ、いつまでも空気中に舞い続けることになります。
 
スギ花粉の本体の大きさは約30マイクロメートル(100分の3ミリメートル)ですが、地面に落ちたり巻き上げられたりを繰り返すことで、粉砕され段々小さくなっていきます。
 
こうして、より多くのスギ花粉が人の体内に入って行きます。
 
さらに、排気ガスやPM2.5などの有害物質が花粉と結びついて、症状が悪化すると言われています。

まず、ふとんは「外で干さない」こと

一般的な家庭では、室内に入り込んでくる花粉の数は数千個にのぼるといわれています。
その室内への侵入を全て防ぐことはできませんが、外出時の衣類や洗濯物への付着によって持ち込まれる花粉は注意深く対応すれば多くを防ぐことができるのではないでしょうか。
 
ぐっすり眠るための花粉症対策ということを考えましょう。
まず、ふとんは絶対に外で干してはいけません。花粉が付着したふとんを取り込むことで、花粉が大量に家の中に入り込んでしまいます。
そもそも、ふとんを天日干ししてもそれほどキレイにはなりません。
ダニはふとんの中の方へ移動してほとんど死滅しませんし、ふとん叩きなどもってのほか!
その理由はこちら

ふとんクリーナーで花粉症対策

家の中の空気中に浮遊している花粉はある程度は下に落ちていきます。
衣類に付着した花粉も動作や振動によって下に落ちていきます。
室内のふとんは同じ場所にあるため、花粉が積もってしまいます。
掃除機をかけることで花粉を取り除くことはできるのですが、やり方によってはかえって花粉が飛散してしまうこともあるようです。
掃除機は重く、大きいですし、吸い付いたりして、ふとんでの取り回しが難しいのです。
 
そこで、より効果的に簡単にふとんの花粉を取り除くことができるのが「ふとん専用クリーナー」です。
 
「ふとんクリーナー ひなた」は、ふとんを楽に効果的に掃除するために開発されたふとん専用掃除機です。
ふとんの花粉症対策にぜひお役立てください。

ふとんクリーナーひなた発売中
電話0120-120-320

受付時間  9:00~17:00(土日祝日、年末年始、夏期休業期間、会社都合による休日を除く)
▶特定商取引法に基づく表記 ▶FAX購入申込用紙PDF

ふとんクリーナーひなたのオンライン購入はこちら